• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 木製架台を使った住友林業の太陽光発電所

メガソーラー探訪

木製架台を使った住友林業の太陽光発電所

鋼材製より安く、作業性も向上

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/02/25 00:00
  • 1/4ページ

 茨城県鹿嶋市にある住友林業グループの住友林業クレストの鹿島工場。鹿島灘に面した沿岸にあり、年間を通じて安定した風が吹き、周辺には複数の大型の風車が回る。2013年11月、同工場の隣接地に出力876kWの「住友林業鹿島ソーラー発電所」が稼働した(図1)。太陽光パネルはカナディアン・ソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)には東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した(図2)。ここまでは国内でもよく見るシェアの高い製品が採用されている。だが、太陽光パネルの後ろに回ると、一目で同発電所ならでは特徴がわかる。架台を木材で組み立てているのだ。無機質な鋼材製の架台に比べ、角材の木肌が醸し出す自然なぬくもりと存在感が印象的だ。

図1●「住友林業鹿島ソーラー発電所」の全景
(出所:住友林業)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製のパワーコンディショナー(PCS)を導入
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 住友林業は、国産材など木を使った家造りで知られる。同社の「木化営業部」は、住宅以外の木材利用の用途開発に取り組んでいる。「太陽光発電システムの架台を木で作れないか」――。固定価格買取制度(FIT)が始まって太陽光発電設備の建設計画が急増するなか、ある個人事業主から木化営業部にこんな相談がもちかけられた。

おすすめ