• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント電子・自動車産業WATCHER > 米Google社、米国で自動運転関連の特許を22件出願

電子・自動車産業WATCHER

米Google社、米国で自動運転関連の特許を22件出願

  • 宮崎 信行=テクノアソシエーツ
  • 2014/02/10 00:00
  • 1/2ページ

 2013年は車の自動運転技術の開発に注目が集まった。テクノアソシエーツの電子・自動車産業WATCHERによれば、日経テクノロジーオンラインの記事数も2013年に約70件(2013年10月時点)と一気に前年比7倍程度に増えた(図1)。こうした自動運転技術の開発を牽引しているのは自動車メーカーではなく、IT企業の米Googleである。同社は2010年10月に自動運転の公道実験で22万kmを走破したと発表している。

図1 自動運転の特許公開数とTech-On!のクルマサイトにおける記事数の推移
図1 自動運転の特許公開数とTech-On!のクルマサイトにおける記事数の推移
出所:テクノアソシエーツの電子・自動車産業WATCHER2013年12月創刊号

 自動運転の実現には、従来の自動車技術に加え、ITが不可欠である。自動運転技術の開発で先行するGoogle社に特許でキーとなる技術を押さえられれば、自動車メーカーが搭載できる自動運転技術の自由度は狭まる。またGoogle社の特許技術を回避できなければ、同社からライセンスを受けざるを得ない。

 Google社はスマートフォン向けのOS「Android」によって、パソコン向けOSで圧倒的なシェアを握る米MicrosoftからOSメーカーとしての主役を奪いつつある。Google社の狙いが今後重要性を増す車載OSの覇権獲得にあるとしても、他業界の企業に自動運転技術を押さえられることは自動車メーカーにとっては脅威となる。

おすすめ

あなたにおすすめ