メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

<第11回>「2013年度の太陽光発電所のEPC受注額は約600億円に」、九電工・本松氏(上)

メガソーラービジネス・インタビュー

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2014/01/17 00:00
印刷用ページ
 
九電工 営業本部 再生エネルギー部 部長の本松政敏理事
(撮影:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

九電工は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)のEPC(設計・調達・建設)サービスでは、国内トップの実績という声も聞かれる。同社は、EPCサービスを受注する目的から、自社グループで発電事業まで手掛けるなどメガソーラーの技術や事業ノウハウが豊富だ。九電工の再生可能エネルギー事業を牽引する、営業本部再生エネルギー部 部長の本松政敏理事に、現状や今後の展望などを聞いた。

「事業化予定分」は1GW以上

――メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設で、国内トップの実績だろうという声も聞く。実績や見通しを教えてほしい。

本松 2013年11月末時点で、九電工グループが発電事業者として「事業化ずみ」の太陽光発電所は43件あり、その合計出力は148MWとなっている。このうち、既に稼働ずみの太陽光発電所が13件あり、合計出力は86MWである。風力発電所は8件、合計出力は111.4MWで、すべて稼働ずみとなっている。

 「事業化予定」の太陽光発電所は84件あり、太陽光パネルの出力ベースで合計1.079GWとなっている。この1.079GWのうち、発電事業会社への出資比率分に応じて算出した九電工分は243MWになる。風力発電所は2件、合計出力は80MWで、発電事業者への出資比率分に応じて算出した九電工分は50MWである。

 また、EPC(設計・調達・建設)サービスとして、2013年4~11月に受注した、高圧送電網に接続する太陽光発電所の件数は135件、合計出力は243MW、合計受注額は464億8100万円となっている。2013年度(2013年4月~2014年3月)の通期では、合計出力が270M~280MW、合計受注額が550億~600億円となる見通しである。

 これに対して、2012年度(2012年4月~2013年3月)に受注した高圧送電網に接続する太陽光発電所のEPCサービスは、件数が139件、合計出力が253MW、合計受注額が約475億円だった。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス