クルマ 自動車の最新技術を追う
 

「自動ブレーキ」が5万円以下で手に入る時代に

ダイハツとスズキが相次いで採用

代表執筆者:久米 秀尚=日経エレクトロニクス、推薦者:鶴原 吉郎=日経Automotive Technology
2013/10/18 00:00
印刷用ページ

 前方を走るクルマが急停止する。慌ててブレーキを踏むが間に合わない。こうした日常によくある危険を回避してくれる“ぶつからないクルマ”が注目を集めている。前走車との位置関係を把握しておき、衝突の危険が高まったと判断したときに自動でブレーキを掛けてくれるシステムだ。

 高級車を中心に搭載されてきた自動ブレーキだったが、ついに軽自動車でも普及が始まった。きっかけを作ったのはダイハツ工業。同社は2012年12月20日、改良した「ムーヴ」に軽自動車で初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」装備した。低速域衝突回避支援ブレーキ、誤発進抑制制御、先行車発進お知らせ、ESC(横滑り防止装置)などの機能を備える。

衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載するダイハツ工業の新型「ムーヴ」
[画像のクリックで拡大表示]

 特筆すべきはその価格だ。スマートアシストを標準装備するグレードと非搭載のグレードの価格差は5万円しかない。消費者の反応は良好で、発売から約半年となる2013年6月18日には、スマートアシスト搭載車両の出荷台数が5万台を突破した。同社によれば、新型ムーヴの購入者のうち、「約6割はスマートアシストを搭載する車両を選んでいる」(ダイハツ工業)という。

レーザ・レーダはラジエータグリルの左側に置いた
[画像のクリックで拡大表示]

 先行車との距離は赤外線を使ったレーザ・レーダで測る。日本では事故の6割は30km/h以下で起こる、というデータを元に、高速での性能を重視せずレーザ・レーダを選んだ。「カメラやミリ波レーダでは5万円は不可能だった」(ダイハツ工業)という。

 低速域衝突回避支援ブレーキ機能は約4~30km/hで走っているときにレーザ・レーダが前の車両を認識する。衝突の危険性が高い場合に、運転者に警告。その後も運転者がステアリングやブレーキで回避操作せず、衝突の危険性が非常に高まった場合に緊急ブレーキが作動。相対速度が約20km/h以下の場合は衝突回避、約20~約30km/hの場合は、被害軽減を支援する。30km/h以上では、システムを停止する。

自動ブレーキ機能を採用したスズキの新型「ワゴンR」
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイハツ工業に負けじと、スズキも続いた。同社は2013年7月16日、「ワゴンR」を部分改良し、レーザ・レーダを使った低速での自動ブレーキを搭載した。自動ブレーキはオプションで装着した場合、税込みで4万2000円から。ダイハツのスマートアシストより低価格に設定してみせた。

 ワゴンRの自動ブレーキは、5~30km/hの領域で作動し、前方約6m以内の障害物を検知し、相対速度が15km/h以下なら自動ブレーキとして、30km/h以下の場合は衝突被害軽減ブレーキとして働く。レーザ・レーダはフロント・ウインドーの上部に搭載した。ワイパーが雨を拭き取る部分のガラス内側に設置しているため、雨や汚れなどの影響を受けにくいという。

 さらにこの機能を利用した誤発進防止機能も搭載する。シフト位置が前進で、停車または約10km/h以下においてレーザ・レーダが前方の障害物を検知した場合、アクセルを強く踏み込んでもエンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制する。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング