• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 地方から始まる「技術立国ニッポン」の再生

地方から始まる「技術立国ニッポン」の再生

 バブル崩壊から既に20年が過ぎた。2008年の「リーマン・ショック」や2011年の東日本大震災に見舞われるなど、日本にとって困難な時代が続く。2012年12月の安倍政権発足以来、いわゆる「アベノミクス効果」で一息ついた業界はある。だが、中国や韓国、台湾など東アジアの企業との厳しい競争を繰り広げる製造業には、まだ薄日が差したとは言えない。製造拠点の海外移転や、近隣諸国の技術力が日本にキャッチアップする状況の中、「技術立国ニッポン」を再生させるのは一筋縄ではいかないだろう。

 日本の製造業がかつての輝きを取り戻すには、どのような策があるのだろうか。その鍵の一つに、中小企業の活性化がある。日本にある企業のうち中小(従業員数300人以下)が占める比率は、製造業では99.3%に上る(中小企業庁の調べ)。日本の製造業の能力は、中小企業に支えられているといっても過言ではない。

 これまで中小企業は、日本の大企業からの発注を受けてきた。日本の大企業の競争力低下が指摘される中、力のある中小企業の能力を発揮できる場が少なくなっているのではないだろうか。これでは、日本の製造業の先行きが危うい。この状況を打破するには、自社の強みを生かして異分野に打って出たり、国内の新興企業や海外の企業などこれまで中小企業が関わりにくかった企業と結びついたりすることが必要になる。それにいち早く気付いた中小企業は、今までの枠組みにとどまらない形の構築に踏み出している。

 “新たな結び付き”を模索する力のある中小企業は、日本各地に存在する。中小企業を取り巻く状況は地域ごとに異なっており、今までの枠組みを飛び出す策にも違いがある。本企画では、立地する地域に焦点を当て、キラリと光る中小企業の実像に迫る。

目次(随時更新)

徳島編

ナノミストテクノロジーズ(前編)(後編)
代表取締役社長 松浦一雄氏
紙作りの技術を生かしてLED照明を軽く、
廃水処理装置にも乗り出す 阿波製紙(前編)(後編)
NDA案件が7割の電源関連企業、エネルギー関連市場の
強さに懸ける 山菱電機(前編)(後編)

熊本編

強い要素技術を生かして下請けから脱却、選ばれる企業へ 熊本県商工観光労働部 新産業振興局 局長 高口義幸氏
(前編)(後編)
メッキ技術活用のMEMSなどで、地域密着型からのステップアップ狙う オジックテクノロジーズ(前編)(後編)
さらなる軽量化を求める声に、地元密着で開発したマグネシウム合金で挑む 不二ライトメタル(前編)(後編)
硬質アルマイト処理を極め、アルミ材の適用拡大に挑む 熊防メタル(前編)(後編)
熊本は農業ベンチャーに最適な地、ICT活用の新世代農業で挑戦 果実堂(前編)(後編)
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟