家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第4回 遅延や揺らぎは品質にどんな影響を与えるのか

松浦 賢一=GLEAN Corporation
2013/08/15 00:00
印刷用ページ

 前回は測定用の環境を構築しました。しかし、このままではネットワークを任意の状態にすることができません。そこで、米Shunra Softwareが開発、日本では日本コーネットテクノロジーが販売する「Shunra NV for Mobile」というIPネットワークエミュレータを使ってネットワークに対して遅延、パケットロス、揺らぎの状態を生み出します。

 前回構築した測定用の環境にShunra NV for Mobileを組み込んだ環境の構成図を図1に示します。

図1●Shunra NV for Mobileを追加した測定環境構成図
[画像のクリックで拡大表示]

 Shunra NV for Mobileは異なる2つのネットワークセグメントを中継するルーターとして機能するため、前回構築した環境から一方のスマートフォンを別のセグメントに接続します。

遅延時間を測定する

 では実際に測定を開始しましょう。まずはネットワークエミュレーションが無効(単なるルーターとしてパケットを中継するだけ)の状態で測定してみます。音声遅延時間を3分間測定したグラフを図2に示します。おおよそ180から220ミリ秒の範囲に収まっています。

図2●音声遅延測定結果(ネットワークエミュレーション無効時)
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング