• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスソーシャル・デバイス登場 > エレクトロニクス業界の沃野に切り込め(2)

ソーシャル・デバイス登場

エレクトロニクス業界の沃野に切り込め(2)

養鶏や農業を見える化でスマートに

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/07/09 00:00
  • 1/4ページ

鳥インフル検知や透視も
多彩なセンサが続々登場

 「年間1兆個」が実現するのであれば、電子部品メーカーにとってビジネス・チャンスは大きい。広義のインフラ分野での利用を狙ったさまざまなセンサやアクチュエータ、エネルギー・ハーベスティング(環境発電)部品の開発が活発になっている。建造物や医療、交通機関や農業などに向けたこれらの電子部品を、ここでは「ソーシャル・デバイス」と呼ぶ。

 中でも各社の競いどころはセンサだ。既に一般的な加速度/角速度センサや近接センサなどにとどまらず、用途の数に応じて多種多様なセンサの市場があり得る。農業向けや健康管理向けなどで、これまで測れなかった値を検知するセンサの開発が進んでいる。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ