デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

新サービスと省エネ技術で、沿線の魅力を高める

狩集 浩志,根津 禎,野澤 哲生,河合 基伸=日経エレクトロニクス
2013/07/22 17:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年5月14日号 、p44 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

新サービスや広告事業拡大に向けた新技術が、駅舎などの付帯設備に投入され始めた。 一方、サービス拡充や駅内施設の増加などから、駅舎での消費電力は増大傾向にある。そこで、太陽光発電システムやLED照明などの省エネ技術の採用も活発化している。

 鉄道車両だけでなく、駅舎のような付帯設備も先端技術の実証の場になってきた。具体的には、「位置情報サービス」「デジタル・サイネージ」「高速データ通信」「省エネ」に関する技術である(図1)。

図1 付帯設備も先端技術の実証の場に
駅舎のような付帯設備も、先端技術を実証する場になっている。例えば駅構内で、スマートフォンの無線LAN機能やAR機能を活用した位置情報サービスの提供が始まった。データ通信分野では、時速200km超で走行する列車で、数百Mビット/秒の通信を可能にする技術の研究が進んでいる。(写真:上からJR東日本、ジェイアール東日本企画、UQコミュニケーションズ、パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 駅構内はGPS信号が入りにくい場所でありながら、駅の魅力を高めるために位置情報サービスの導入意欲が高い。そのため、無線LANやAR(拡張現実感)技術を使ったスマートフォン向けの位置情報サービスの導入が始まっている。

 デジタル・サイネージに関しては、高い広告効果を期待できることから、広告売上高は右肩上がりだ。さらに、次世代のサイネージ技術の実証も始まっている。例えば、顔認識技術を導入したサイネージ機器を駅舎に設置して実証試験が行われた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング