• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器「誰でもメーカー」の時代 > 自慢できてこそ、発展する

「誰でもメーカー」の時代

自慢できてこそ、発展する

肝はオープン体制の構築、外部活用で一品一様を実現(最終回)

  • 狩集 浩志, 清水 直茂, 高橋 史忠
  • 2013/08/29 00:00
  • 1/3ページ

 フィギュアや鉄道模型,痛車EEE。これらに熱中する人は,世間的に「オタク」と呼ばれ,やゆされることもある(図1)。だが,彼らはこぞって自作やカスタマイズをする。これらのモノこそ,ユーザー参加型のものづくり「UGD(user generated device)」の原型といえる。自作によって生まれるUGDの源泉は,「自分が欲しいモノを作りたい」という情熱。「情熱こそが自作の最大の動機」(ツクルス 代表取締役の相馬達也氏)なのだ。

図1 UGDへの道筋はオタクが付ける
趣味性の高い分野では,数多くのユーザーが作品を自ら作る。(図:フィギュアはツクルス,痛車は痛車.net,鉄道模型はトレイン・トレイン)

 オタクの世界には必ず,自分の作品を披露するためのコミュニティーがある。人には自分の作品を他人に見せたいという欲求があるからだ。UGDでも,それを自慢できるコミュニティーの存在が,市場の活性化に重要な役割を担うことになるだろう。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓