デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

非ICT分野の革新がデバイス需要を創出(1)

「Smarter Planet」戦略でデジタル領域を拡大

三宅 常之=Tech-On!
2013/07/08 19:00
出典:日経マイクロデバイス、2010年1月号 、pp.74-76 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
昆虫の形状を真似たロボット。takramが由紀精密工業と開発した
[画像のクリックで拡大表示]

 米IBM Corp.が,新たな長期戦略「Smarter Planet」を事業展開している。多様な環境からデジタル・データをコンピュータに取り込み,「環境負荷が小さく安全な社会の実現を目指すもの」(日本アイ・ビー・エム グリーン・イノベーション事業推進部長の岡村久和氏)である。ここで同社が対象とするのは,エネルギー,交通,食物,水,社会インフラ,医療,鉄道,建物など。これまでコンピュータが強くかかわってこなかった分野を含む。同社は,地球上のあらゆる存在をデジタル化しネットワークに接続して,コンピュータが関与する領域を拡大していく狙いである。

 これからのコンピュータは,地球規模の膨大な情報から,人類や地球にとっての最適解を求めることになりそうだ。そして,自然界に直接働きかける。例えば,大雨が発生することが分かったとき,河川の最適な流路を求め,そうなるように流路を人工的に変えて,洪水を防ぐ。

 IBMと同様の戦略は,米Hewlett-Packard Co.などのコンピュータ・メーカー,米Accenture社のようなコンサルティング企業も手掛けている。しかも民間企業のみならず,世界中の政府が取り組んでいる。米国政府が推し進める「グリーン・ニューディール政策」に端を発する,地球レベルでの環境政策を後押しするためだ。グリーン・ニューディールの実現に向けては,コンピュータがエネルギー資源の最適配分の解を求め,CO2を劇的に削減する。スマート・グリッドは,その一例である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング