EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 
大森 雅司=情報処理推進機構(IPA)
2013/03/21 00:00
印刷用ページ

 今回は、2013年版10大脅威の6位から10位について紹介する。

6位:予期せぬ業務停止

 2011年に発生した東日本大震災によって、自然災害が原因となりシステムが停止するリスクが浮き彫りとなった。システムのクラウド化が進む中、2012年、レンタル・サーバー企業において人為的ミスによる大規模障害が発生し、不測の事態に備える必要性を再認識させられた。

 情報セキュリティーの基本は、情報システムやデータを外部要因により侵害させず、安全な状態が保つことである。情報セキュリティーというと外部からの攻撃に注目が集まりがちであるが、自然災害やオペレーション・ミスなど悪意の無い要因によるシステム停止も無視できない存在である。

 近年、企業のIT化やシステムの大規模化がますます進んでおり、システムが停止した場合、システムへの依存度や停止期間によって、企業/組織の事業に以下のような影響を与える。
●停止期間分の利益を失う
●顧客/サービス利用者の事業に悪影響を与える
●顧客/サービス利用者からの信用を失い、ビジネス機会を損失する

<発生要因>

 これらの不測の事態の要因として、次のような事象が考えられる。
●ハードウェアの故障
●プログラムの不具合
●オペレーション・ミス
●自然災害

<対策/対応>

 さまざまなトラブルをあらかじめ想定しておき、それらへの対応策を準備しておくことが重要である。日頃からの対策として以下のようなことが挙げられる。
(1)システムの状況把握
(2)システム管理/運用方法の強化
(3)システム/データの冗長化

 特に(2)は、手順書の作成や検証・実施・承認の手順遵守など人間が行う作業について整備し強化することは、人為的ミスを軽減するために重要な対策になる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング