EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

情報セキュリティーにおける10大脅威(2013年版)

大森 雅司=情報処理推進機構(IPA)
2013/03/18 00:00
印刷用ページ

情報処理推進機構(IPA)
セキュリティセンター 研究員
大森 雅司

 IPAでは、情報セキュリティーの研究者、実務担当者など約100名から構成される「10大脅威執筆者会」を主催し、メンバーの知見や意見を集めながら、近年の情報システムを取り巻く脅威について解説した資料を「10大脅威」と称して毎年公開している(2012年度版10大脅威へのリンク)。2012年は、政府機関や宇宙産業へのサイバー攻撃、遠隔操作ウイルス事件などがさまざまなセキュリティー事件・事故がメディアで取上げられるなど、社会へ大きなインパクトを残した。また、金銭を目的としたフィッシング詐欺、スマート・デバイスを狙った攻撃の横行など、個人ユーザーにおいても看過できない脅威が迫っている。企業・組織や個人ユーザーにおいては、自身に関連する脅威を十分に認識し、対策を講ずることが重要である。

 IPAが発行する10大脅威は、例年、以下のような3章構成となっている。

1章:情報セキュリティーの変遷
 2001年から2012年までの情報セキュリティーの脅威の変遷を紹介。

2章:10大脅威
 前年度に発生したセキュリティーの事件・事故をベースに10大脅威執筆者会メンバーの投票により選出した、10の脅威を解説。

3章:今後注目すべき脅威
 現時点では、表立った被害はないが、今後顕在化することが予想される脅威やセキュリティー課題について紹介。

 本連載では4回に分けて、2013年度版の10大脅威の内容を要約して紹介する。

contents

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング