• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 標的型攻撃メールを分析する

標的型攻撃メールを分析する

 ある限られた組織に対してサイバー攻撃を仕掛ける標的型攻撃。この攻撃を実行する手口として主に使われるのが標的型攻撃メールだ。組織内のメンバーや取引先、知人などを装ってウイルスやウイルスが仕込まれたWebサイトのURLなどを送り付けてくる。

 本連載では、情報処理推進機構(IPA)が情報提供を受けた標的型攻撃メールの事例から、セキュリティーセンター 研究員の青木 眞夫氏に最近の傾向について解説してもらう。標的型攻撃に使われるウイルスはウイルス対策ソフトで検知できない可能性がある。標的型攻撃メールの特徴を知ることで、怪しいメールを気づけるようになるはずだ。

contents

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ