EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

重要インフラのサイバー・テロに向けた官・民の取り組み

岡下 博子=情報処理推進機構(IPA)
2013/03/04 00:00
印刷用ページ

 電力、水道、通信、金融、交通といった、我々の社会生活を支える、いわゆる重要インフラと呼ばれるサービスは、コンピュータで制御されている。こうした重要インフラ・システムがサイバー攻撃によって停止させられる、または誤動作させられた場合、社会生活に大きな影響を及ぼす危険性がある。

 情報処理推進機構(IPA)は、2008年から重要インフラ・システムの情報セキュリティーに関しても『制御システムの情報セキュリティー動向に関する調査』」などの海外調査や、米国Industrial Control Systems Cyber Emergency Response Team(ICS-CERT)といった国内外関連機関との連携、ガイドラインの公開、普及・啓発のために「IPA重要インフラ情報セキュリティシンポジウム」といったフォーラムの開催など、積極的な活動を行っている。

 直近では、経済産業省主管の下、防衛分野や重工業関連の事業者を中心とした「サイバー情報共有イニシアチブ(J-CSIP)」、および制御システムのセキュリティーを確保するための研究開発やテストベッドの構築に取り組む「制御システムセキュリティーセンター(CSSC)」の一員として活動していると共に、ICS-CERT、欧州ネットワーク情報セキュリティー庁(ENISA)の活動や、海外の重要インフラ関連情報を日本語で提供するなどして、国内の重要インフラ・システムのセキュリティーの普及・啓発に努めている。

 本連載では、こうした調査や活動を基に、重要インフラ・システムに対するサイバー攻撃の事例や、国家による防護施策について、この分野を先導している米国の取り組みを中心に、日本の取り組みを交えて見ていく。

岡下 博子
情報処理推進機構
セキュリティセンター 技術ラボラトリー 職員

contents

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング