EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

【第3回】ファジングの導入に関する検討課題

杉山 貴章=オングス、勝海 直人=情報処理推進機構(IPA)
2013/02/20 00:00
印刷用ページ

 ツールを利用して比較的手軽に導入できることが利点であるファジングだが、製品開発のライフサイクルに新たに組み込んでいくためには検討すべき課題も存在する。一つは「ファジングの導入・運用に掛かる費用」である。開発ライフサイクルの中でファジングを実施するためにはどの程度の費用が必要で、それによってどれだけの効果を得ることができるのかを見積もることは、ファジングの導入に強い説得力を持たせることにつながる。

図1 ファジング導入までの検討事項
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つの検討課題は、「テスト期間に対する影響」だ。ファジングを導入するということは、新たに行うテストが一つ追加されるということなので、当然テスト工数は増加することになる。従って、どのようにすればこのテスト工数の増分を小さく抑えることができるかをよく検討しなければならない。

 ソフトウエアのテストにファジングを導入すると言っても、ただ闇雲にファジング・ツールによるテストを行えばいいというものではない。製品の品質を確保するという目的をしっかりと意識し、そのための有効な選択肢としての位置づけを明確にするためには、上記の二つの検討課題に対して納得できる回答を用意する必要があるだろう。そこで、本稿ではこの二つの検討課題について考察する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング