家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

なぜ薄いスピーカーが必要か

ジレンマを解消する「HVT方式」の実現技術(第1回)

小林 博之,堀米 実,阿部 泰久,引地 俊博,前川 孝治=東北パイオニア
2013/02/01 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年5月10日号 、pp.73-76 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 原音に忠実な音声と,小さなスペースの両立。現代のスピーカーは,大きなジレンマを抱えている。先人たちの苦労と魂が注ぎ込まれ「匠の技」に支えられた 銘機と呼ばれるスピーカーは,その素晴らしい音質で今もなお人々の心を引き付けている。一方で,スピーカーは工業製品としての使命も負っている。与えられ た制約条件を満たしつつ,どんな場面でも,より忠実な音声を届けるために自らの形を変える必要がある。

 特に,さまざまな工業製品で高度な部品の集積化が進んでいる。スピーカーに与えられるスペースは年々小さくなってきた。厳しくなる制約条件の中,スピーカーは形を変えて対応してきてはいるが,忠実な音声を届けるための技術的なハードルはますます高くなっている。

 我々が開発した「HVT方式」は,そのようなジレンマを解消するスピーカー技術である。ボイス・コイルと振動板を横に並べて配置しており,ボイス・コイルと振動板を縦に積み重ねて配置する一般的なダイナミック・スピーカーとは大きく異なる。

図1 HVTユニットの寸法
①は,振動板(黒色の四角形)の外形寸法が75mm×57mm(丸型87mm相当)の片面駆動HVTユニットである。ユニット の外形寸法は幅140mm×高さ91mm×厚さ17mm。②は,振動板の外形寸法が49mm×22mm(丸型53mm相当)。HVTユニットの両面に振動 板を配置する両面駆動となっている,無指向性のHVTユニットである。ユニットの外形寸法は幅50mm×高さ60mm×厚さ12mm。
[画像のクリックで拡大表示]

 HVTとは,Horizontal-Vertical Transformingの略である。スピーカー・ユニット内部に「スコット・ラッセルのリンク機構」を内蔵し,ボイス・コイルなど駆動源の振幅方向(振 動板の動きを垂直方向とすると,水平方向に振動)の向きをテコ(レバー)で直角に変換して,振動板を振幅させる仕組みを取る。このようなボイス・コイルの 配置および振動の伝達手段により,従来同等の低域再生を可能にしつつ,約1/3~1/4という大幅な薄型化に成功した(図1)。

小林 博之
東北パイオニア スピーカー事業部 第一生産部 開発技術部 音響開発課 課長

堀米 実、阿部 泰久、引地 俊博
同事業部 第一生産部 開発技術部 音響開発課

前川 孝治
同事業部 第一生産部 開発技術部
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング