家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

スピーカーを約1/3に薄くできる技術

小林 博之,堀米 実,阿部 泰久,引地 俊博,前川 孝治=東北パイオニア
2013/02/01 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年5月3日号 、pp.73-85 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
HVT方式を採用したスピーカーの試作例

 従来方式に比べてスピーカーを約1/3に薄くできる。しかも、高音質を両立しながらである。それを実現する技術が、東北パイオニアが開発した「HVT方式」だ。
 カー・ステレオのウーハーや薄型テレビ、パソコンなどに搭載する超薄型スピーカーへの展開を視野に入れている。スピーカー開発のジレンマを解消した日本発の技術である。同社の開発担当者が解説したHVT方式の技術の詳細や効果、今後の展望を紹介しよう。

contents

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング