• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントQualcomm研究 > 第1回 モバイル化と未曾有のデータ通信量への対応を主導する

Qualcomm研究

第1回 モバイル化と未曾有のデータ通信量への対応を主導する

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/05 00:00
  • 1/3ページ

 米Qualcomm社が2012年11月7日に発表した2012年度(2011年10月~2012年9月)のGAAPベースの決算は、売上高が前年度比28%増の191.21億米ドル、営業利益が同13%増の56.82億米ドルだった(英文の発表資料)。いずれも同社として過去最高だ。

米国サンディエゴにあるQualcomm社の本社ビル
[画像のクリックで拡大表示]

 ファブレス半導体メーカーとして世界最大のQualcomm社は、2012年11月に株式時価総額で米Intel社を超えるなど、その存在感をますます増している。2013年度も好業績を見込む。2012年度決算時に発表した2013年度のGAAPベースの業績見通し額は、売上高が230億~240億米ドル(2012年度比20~26%増)、営業利益が66億~71億米ドル(同16~25%増)である。

 Qualcomm社は2012年11月に米国で投資家向けと報道関係者向け説明会を開催し、同社の現在の戦略を明らかにした。本連載では、この報道関係者向け説明会の内容を中心に、Qualcomm社の今を解説する。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ