• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ヒト型ロボットで流れセル生産

ヒト型ロボットで流れセル生産

[画像のクリックで拡大表示]

 2012年10月10日、経済産業省は「第5回 ロボット大賞」の受賞ロボットを発表した。このロボット大賞で「次世代産業特別賞」を受賞したのが、グローリーと川田工業の「フレキシブルな自動組立ラインを実現するヒト型ロボット『NEXTAGE』」である。

 両社は、グローリーの埼玉工場において、同ロボットを活用した流れセル生産ラインを構築しており、次世代の生産ラインの1つの在り方を示すものとして評価された。この解説記事では、グローリーや川田工業が、なぜそのような生産ラインを構築したのか、また具体的にどのような工夫によってそうしたラインを実現したのか、それらのポイントを紹介する。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓