次世代工場 工場の将来像が見える
 

ヒト型ロボットで流れセル生産

グローリー埼玉工場の挑戦

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2012/11/12 00:00
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2012年10月10日、経済産業省は「第5回 ロボット大賞」の受賞ロボットを発表した。このロボット大賞で「次世代産業特別賞」を受賞したのが、グローリーと川田工業の「フレキシブルな自動組立ラインを実現するヒト型ロボット『NEXTAGE』」である。

 両社は、グローリーの埼玉工場において、同ロボットを活用した流れセル生産ラインを構築しており、次世代の生産ラインの1つの在り方を示すものとして評価された。この解説記事では、グローリーや川田工業が、なぜそのような生産ラインを構築したのか、また具体的にどのような工夫によってそうしたラインを実現したのか、それらのポイントを紹介する。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング