技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
高橋 史忠=日経エレクトロニクス
2013/02/08 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2001年4月23日号 、pp.163-166 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 富士通は連戦連勝を続けた。

 1994年8月には東京地方裁判所が富士通勝訴の判決を下し,3年後の1997年9月には東京高等裁判所が米Texas Instruments Inc.(TI社)の控訴を棄却する(表1)。同11月には,特許庁が富士通の無効審判請求を認め,キルビー275特許を無効とする審決を下した。

表1 キルビー特許訴訟の最高裁判決前後(表:日経エレクトロニクス)
※1 2001年3月28日にTI社の請求は棄却された。同社は最高裁の上告するかまえ。
[画像のクリックで拡大表示]

 一連の判決のなかでも特に光っていたのは,東京高裁が下したものだった。同裁判所は,特許庁が特許無効を判断する前の段階で,「キルビー275特許が無効である可能性が高い」とする判断を打ち出した。特許をつかさどる特許庁ではなく,裁判所が特許を評価し,特許の有効性について言及する。これは,当時の国内特許制度ではほとんど前例のない判断だったのである。

 この判決を受けて,TI社は1997年10月に最高裁判所に上告した。

 当時の新聞は,東京高裁の解釈について『承服できない。もともと分割出願は当局の指導によって出したものだ』(1997年9月11日付日経産業新聞から)と語る日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)幹部のコメントを紹介している。このコメントは,「特許無効の可能性が高い」とした東京高裁の判決に対する反論だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング