• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新【1分で要点を理解】医療機器はこうつくる > ポイント6:主観的な評価はアンケートで数値化する

【1分で要点を理解】医療機器はこうつくる

ポイント6:主観的な評価はアンケートで数値化する

  • 監修:木村浩実=クオリス・イノーバ、作成:日経ものづくり
  • 2012/11/07 00:00
  • 1/1ページ
 さまざまなツールを駆使しても、数値化できない要求は残る。例えば「痛さ」「使いやすさ」「分かりやすさ」といった、五感や感覚的認識に基づく評価項目である。これらの項目については、試作品を実際に使ってもらった上で、例えば5段階評価のアンケートを実施するとよい。十分な母数を確保していれば、アンケート結果も客観的根拠として使える。

おすすめ