• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器脱安売りの極意 > 第3回 高く売ることを目的にしてはならない

脱安売りの極意

第3回 高く売ることを目的にしてはならない

  • 大森 敏行,根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/01 00:00
  • 1/2ページ

 掃除機や扇風機、ラジオといった製品分野は、かつてはコモディティー化の最たるものだった。ところが、こうした分野で「飛び抜けた魅力」と「従来の数倍という価格」でヒットし、分野全体の平均単価を押し上げた製品群が登場してきた。その開発の裏側を取材すると、日本のメーカーがかつて持ち、苦境に立たされた今は忘れつつある「製品にかける思い」の重要さを、もう一度思い出させてくれる。3日連続で紹介する「脱安売りの極意」の第3回(最終回)である。

 脱安売り家電はどうすれば開発できるのだろうか。よくある誤りは、高い価格を付けたいがために、高機能化に走ることだ(図3)。どんな新機能を付けても、いずれ他社が追随することになる。結局は価格競争は避けられない。

図3 脱安売りを目的にしてはならない
脱安売りは、あくまで愚直な製品開発の結果でしかない。最初から高く売ることを目的としてユーザーの方を見ようとしなければ、確実に失敗する。
[画像のクリックで拡大表示]

 逆説的だが、本当に脱安売り家電を開発したければ、「高い価格で売りたい」という気持ちを捨てなければならない。最初にあるべきなのは、「ユーザーにこ れを届けたい」という思いだ。それはときに押し付けですらある。例えば、Tivoli Audio社のラジオには、オーディオ製品によくある音質調整(イコライザー)機能がない。「この音でラジオを聞いてほしい」というHenry Kloss氏の強い気持ちの表れである。

図4 消費者は「高機能」に飽き飽きしている
図4 消費者は「高機能」に飽き飽きしている
日経トレンディネットのアンケートで「製品を『機能が豊富な製品』と『シンプルで使いやすい製品』の二つにあえて分けた場合、どちらに魅力を感じますか」と尋ねた結果のグラフ。

 高価格に見えるのは、あくまで結果でしかない。実際には適正な価格を付けているだけである。バルミューダ 代表取締役社長の寺尾玄氏のように「価格は本当はもっと安くしたかった」という声すらある。初代製品の「GreenFan」および後継製品の GreenFan2は、搭載するDCモータをモータ専業メーカーと共同開発するなど、コストの掛かった製品だ。価格は「原価を基に、商売できるギリギリの 線で決めただけ」(寺尾氏)なのだ。

 高機能化は、もはや消費者も求めてはいない(図4)。先のアンケートで「製品を『機能が豊富な製品』と『シンプルで使いやすい製品』の二つに あえて分けた場合、どちらに魅力を感じますか」と尋ねたところ、3分の2は「シンプルで使いやすい製品」という回答だった。高機能でなくても、その製品に 価値を見いだせば、消費者は購入してくれる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓