• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマトヨタが電力事業者になる日 > 最終回:車両情報まで他社に委ねる三菱自動車

トヨタが電力事業者になる日

最終回:車両情報まで他社に委ねる三菱自動車

日産は車載電池を販売

  • 清水 直茂=日経Automotive Technology
  • 2012/10/26 00:00
  • 1/4ページ

 日産はトヨタやホンダと異なり、地域の電力情報の管理やHEMSを自ら手掛けない(図20)。「EVの本来の価値を高められる領域に力を入れる」(日産執行役員ゼロエミッション事業本部担当の渡部英朗氏)方針だ。EVから住宅への電力供給機能を他社に先駆けて実用化することや、車載電池の2次利用ビジネスの実現に力を注ぐ。


図20 日産の構想

図20 日産の構想
車両に直接かかわる領域に注力する考え。HEMSは手掛けない方針である。

 日産は2011年8月、EV「リーフ」から住宅に電力を供給するシステムを開発し、2011年度内の販売を目指すことを発表した(図21)。リーフの急速充電口と日産が試作した電力制御装置をケーブルでつなぎ、同制御装置から住宅の配電盤に最大6kWの電力を送る。

図21 EVの充放電が可能な電力変換装置

図21 EVの充放電が可能な電力変換装置
(a)は放電機能の仕組み。(b)は充放電の有無を手動で設定できる住宅内に設置した液晶パネル。資料と写真は日産の提供。

電池の2次利用に動く

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ