設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第39回:エレ/メカ連携(3)

前田 篤志=O2 リサーチ フェロー、Ph.D.
2013/01/11 00:00
出典:日経ものづくり、2011年4月号 、pp.107-108 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

製品の電子化はますます進む

 これからの自動車は、以前に触れたセンサも含めて、インテリジェントキーやタイヤの空気圧チェックなど、無線を介してセンシングする部位(=アンテナ)が増えてくる。自動車の電子化は時代と技術の流れだが、その分、「搭載部品の電子化→ノイズ発生源の増大」「搭載電子部品の高速化→ノイズ強度の増大」という副作用への対処が不可欠になる。

 この2つのうち特に注意すべきなのは、搭載部品の電子化である。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)が普及している現状では、エンジンだけではなく車内搭載品のほとんどが電子化されていく。従って、ノイズが発生する部位と、ノイズを受信するアンテナと成り得る部位がそれだけ多く搭載されることになる。

 自動車に代表されるメカ系技術者には、センサなどのエレクトロニクス機器を多数搭載しても、最終的にはそれをもメカとして扱おうとするアクティブさがある。乗員の生命が懸かっているという安全性についての考え方は、ここでも適用される。しかし、センサというエレ系技術者のエッセンスを導入するということは、自動車の安全性・環境性に対してさらなるレベルアップを要求する形になっていることも忘れてはならない。

 このような製品面の変化と、製品ライフサイクルの短縮化が同時に進行することが、問題を複雑にしている。一般に商品が新しく市場に登場する場合、需要は時間の経過とともにS字のようになるといわれる(図1)。しかし、近年はこのS字カーブが、爆発的に売れるが廃れるのも速いパルス状になってきている。製品はベストセラーとして定着する(製品が商品に昇華する)間もなく、次々に類似製品が出現する。

図1●製品ライフサイクルの短期化
製品自体の複雑化およびモジュール化と相まって、メカ/エレ統合を難しくする要因になっている。

 製品のライフサイクルが短くなったことによって、ことにエレ系技術者は自身の設計思想を反映させる時間を持つことが許されなくなってきている。設計=CADへの落とし込み、という構図が構築されつつある現状では、「他と連携する」といっても「分からないことを聞くだけ」である。聞かれる側は、何ら辞書としての役割以上のものを持つことができない。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング