• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第37回:エレ/メカ連携(1)

前田 篤志=O2 リサーチ フェロー、Ph.D.
2013/01/07 00:00
1/2ページ
出典:日経ものづくり、2011年4月号 、pp.104-105 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 昨今、機械製品といっても、そのほとんどに電気・電子機器が組み込まれており、機械設計と電気・電子設計の融合、いわゆるエレ/メカ連携が不可欠な時代となっている。今回からは、このエレ/メカ連携の進め方について解説する。

 本コラムではこれまで、3次元設計をベースにした開発プロセスの構築、または再構築のための取り組みを解説してきた。単に3次元CADをツールとして導入することではなく、仕事の進め方そのものを変革して効率化を実現する方法や手段がテーマである。このテーマに即して言えば、エレ/メカ連携をどのように進めるかもまた、極めて重要な課題だ。

 ところが、現状のエレ/メカ連携は筆者の見るところ、いわば「メカ/メカ連携」になっていることが多い。電子部品であってもメカの一部として扱われ、メカ設計の価値観やプロセスの中で製品に組み込まれていく。この状況を見直すことが、エレ/メカ連携を推進していくカギであると考えている。

設計者の考え方の相違

 電気・電子系(エレクトロニクス系)の技術者と機械・機構系(メカニクス系)技術者では、物事に対するアプローチに根本的な違いがある。それは、要求される成果物で使う単位系の差にも表れる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/17開催)知財情報戦略であぶり出す自動車分野の技術開発動向
~自動運転、FCVを中心として~


自動車メーカー各社が開発を進める自動運転技術と燃料電池車(FCV)。それぞれを牽引する、米Google社とトヨタ自動車に焦点を当て、両者の強みや技術開発戦略を、知財情報解析を駆使してあぶり出します。その上で、日本メーカーとして留意すべき点、対策すべき点を明らかにします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月17日(水)13:00~17:00
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング