• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第26回:標準化とモジュール化(5)

大泉 圭一=O2 技術ディビジョン コンサルタント
2012/12/05 00:00
1/7ページ
出典:日経ものづくり、2010年12月号 、pp.103-106 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

機能設計を対象とする標準化(下)

③機能設計手順の定義

 仕様/諸元のリストが完成したら、続いて機能設計の手順を定義する。手順の良しあしが設計効率に大きく影響することはもちろん、機能設計の標準化には適切な手順が必要だからだ。機能設計の標準化では、ムダな繰り返しや試行錯誤の解消も目指す*1

*1 本質的に繰り返しや試行錯誤が前提となる検討の標準化は困難であり、技術的な確立を待たなければならない。例えば、設計検討後に都度実験をして性能を確認するようなものである。そのような検討は、標準化の対象には適さない。

 筆者は以前、サーボモータを用いて負荷軸を回転させる装置において、機能設計の標準化を支援したことがある。主な検討項目としては、どのサーボモータを使用するか、減速にどのようなギア列を用いるか、それとも市販の減速機を用いるか、加減速時のトルクと回転数を両立させるためにダブルクラッチを用いるか、などだった。

 これらの検討は過去の設計実績に基づいて行えば、図面を描かずに表計算ソフトを用いて行える。実現可能な組み合わせは非常に多く、その中からベストと思われる1つを選ぶためには繰り返し検討が必要だった。

 しかし、このような繰り返し検討は本質的な試行錯誤が必要な検討ではなく、多くの実現可能なパターンの中から適切だと思われるものを選択しているにすぎない。機能設計の標準化の目的は、このような作業を軽減し、設計者に依存した亜種を検討結果に基づいて解消することである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/15開催)
日系メーカーのための 中国現地法人の不正発見と内部統制

中国人従業員の不正を発見するポイントや発生後の対処方法、そして発生させないための体制構築に関するエッセンスを分かりやすく解説します。
会場 : Learning Square新橋

【技術者塾】(2/16開催)
日系メーカーのための 中国現地法人「人員削減」のノウハウ

人員削減をテーマに、知らないと大けがをする論点を採り上げ、今後起こり得る事態への適確な対応策をじっくり解説します。
会場 : Learning Square新橋

印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング