• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材闘いの軌跡:キルビー特許訴訟 > 白旗を掲げたガリバー(前)

闘いの軌跡:キルビー特許訴訟

白旗を掲げたガリバー(前)

  • 高橋 史忠=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/07 00:00
  • 1/4ページ

 「おい,これ見ろよ」

 「えっ」

 1990年12月12日の午後,国内半導体業界の関係者は夕刊に釘付けになった。

 『東芝と10年間契約,米TI,半導体特許で合意』。

 同日の日本経済新聞は,米Texas Instruments Inc.(TI社)が発表した東芝との包括クロスライセンス契約の締結を夕刊1面で大きく報じた(表1)。恐らく,夕刊を読んだ業界関係者は,この契約が当時話題の「キルビー275特許」を含むことを直感したはずだ。

表1 キルビー特許開始前後の動き(表:日経エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 この第1報と翌日の同紙朝刊の続報を総合すると,TI社がキルビー275特許で得たロイヤルティ収入がいかに巨額だったかが推測できる。第1報は『特許交換では異例の』という形容で,契約が10年間にわたる長期間のものであることを強調し,続報ではTI社が東芝から受け取るロイヤルティ収入が年間で100数十億円に上ると述べている。

 これらの数字から単純計算すれば,TI社が契約期間中に受け取ったであろうロイヤルティは1000数百億円。東芝の連結最高益に匹敵する額である。当時の東芝は,半導体シェアで世界2位。花形のDRAM分野では世界シェア1位を誇る,いわば半導体業界のガリバーだった。それだけに同社がTI社に支払う巨額のロイヤルティは,同じ時期にライセンス契約の更改を迎えていた国内半導体メーカにかつてないほどの大きな衝撃を与えたのである。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓