設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

「渋滞学」の東大・西成教授に聞く

数学で闘う

西成活裕=東京大学先端科学技術研究センター教授
2012/10/04 00:00
出典:日経ものづくり、2009年2月号 、pp.4~6 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
写真:稲垣純也

 大量のデータから「渋滞のメカニズム」を解き明かした東京大学教授の西成活裕氏は、「数学の理論は、ものづくりの現場で絶対に使える」との信念を持つ。活用する理論の狙い目は、数学と物理の中間ぐらいにある領域だ。数学を武器に実社会の課題を解き明かそうと闘う西成氏に、その背景にある思いを聞いた。

(西成氏の職名と略歴、写真は2012年10月現在のものに更新しています)

西成活裕(にしなり・かつひろ)
東京大学先端科学技術研究センター教授
1967年、東京生まれ。1995年、東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程を終了後、山形大学工学部機械システム工学科、龍谷大学理工学部数理情報学科、ドイツのケルン大学理論物理学研究所を経て、2005年、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻に移り、2009年より現職。著書の『渋滞学』(新潮選書)では、講談社科学出版賞、日経BP・BizTech図書賞を受賞した。日本テレビ『世界一受けたい授業』などテレビ、ラジオなどにも多く出演。2012年9月10日に『とんでもなく面白い 仕事に役立つ数学』(日経BP社)を出版。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング