• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新体質改善・3次元設計 > 第2回:業務改革レベルの自己評価(中)

体質改善・3次元設計

第2回:業務改革レベルの自己評価(中)

  • 宮木邦宏=O2 技術ディビジョン シニアコンサルタント
  • 2012/10/09 00:00
  • 1/3ページ

現在のレベルを正しく把握

 まず、3次元設計プロセスの構築が現在どのような段階にあるのかを、「プチアセスメント」によって自己評価していただく。プチアセスメントは、3D-DPRMの実施前に行っている「クイックアセスメント」のエッセンスを本コラムのために抽出し、簡易版としてまとめたものだ。

 本来のクイックアセスメントは、業務改革レベルを詳細な評価項目を用いて客観的に評価していき、これに意識調査結果を加え、可能な限り正確にその状況を分析していく。プチアセスメントは、そこまで細かな評価を出すことができないが、おおよその傾向の把握は可能なものに仕上げた。実際にこのプチアセスメントを実施した企業からは、「短期間で自分たちの足りない点に当たりを付けられるし、多くの設計者の声も抽出できるので大変効果的である」と高い評価を得ている。

 プチアセスメントの目的は、「現在、自分たちの3次元設計プロセス構築がどのステージにいるか」「どの部分に弱さを持っているか」について客観的につかみ、それぞれに合った効果的な取り組みを理解することにある。プチアセスメントにおける質問では、筆者らが3次元設計プロセスを再構築するために必要な要素であると考えている項目を挙げ、それらに対する取り組みの有無と達成度合いを聞いている。

 ともすると、今まで想定もしていなかった事項に対する質問があるかもしれない。そのような質問に対する答えを考えることで、新たな課題に気が付くことも、今後の活動へのヒントになると考えている。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓