家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

“Going into Television”,Lucas氏に聞く(下)

浅見 直樹=経営情報グループ総括(元・日経エレクトロニクス編集長)
2012/11/09 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2005年8月15日号 、pp.104-105 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

【前回より続く】

Fighting 2.4 G Interference

 デジタル・シネマは,まだまだ始まったばかりの技術だ。この技術が将来,映画産業や家庭にどんな影響をもたらすのか,Lucas氏にビジョンを語ってもらった。

1977年公開の「エピソード4/新たなる希望」から2005年の「エピソード3/シスの復讐」まで,「STAR WARS」シリーズの6本の映画を作り上げた中心人物。1971年のSF映画「THX 1138」で,初めて商業映画を監督する。1973年の「アメリカン・グラフィティ」,1981年~1989年の「インディ・ジョーンズ」シリーズなどを手掛けた。米LucasfilmLtd.のChairman of the Boardも務める。(写真:栗原克己)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたことすべての結果,いまだかつてなかったことが起こるだろう。まだデジタルで映画を監督したことがあるのは,たったの6人しかいない。このメディアを実際に使ってみた人は,ほんの一握りしかいないんだ。

 ここ数年,デジタルでの上映を広げようと必死にやってきた。ファントム・メナスは初めてデジタルで上映された大手の長編映画だ。2本目では,デジタルで上映できる劇場が増えることを望んだ。3本目の今回は,アメリカよりもむしろ,海外の反応がすごかった。ヨーロッパがデジタルになり,その波は中国の劇場まで及んだ。世の中はかなり速く動いてる。

 デジタル化が進んだ結果,映画を配給するコストは劇的に下がるだろう。新たな配給会社が,どんどんビジネスに参入してくるはずだ。劇場では上映する映画を自由に入れ替えて,可能な限り施設を有効活用できるようになる。映像には普通のフィルムにある傷とか汚れとかが全くなくなって,クオリティーがずっと高まる。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング