• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマクルマは電力インフラに > 第3回:本格化する車両の市場投入

クルマは電力インフラに

第3回:本格化する車両の市場投入

普及に向けた技術開発も進む

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/09 00:00
  • 1/3ページ

200万円を切るEVが登場

 国内外を問わず、社会情勢から必要性が高まっている電動車両。2020年に向けて自動車メーカーはどのような車両を市場投入していくのか。各社でEV重視の姿勢とPHEV重視の姿勢に分かれるものの、どの自動車メーカーもHEVだけでなく、PHEVやEVの市場投入を2012年ごろから本格化させるのは間違いなさそうだ()。FCVについては、2015年には日本やドイツ、米国カリフォルニア州において500万円を切る車両の市場導入が、トヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、ドイツDaimler社、韓国Hyundai Motor社から相次ぐとみられる。

表 自動車の電動化に関する主なロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした中、電動車両の普及のカギを握るのが、車載用Liイオン2次電池の価格である。現状は1kWh当たり10万円とされているが、まだまだ高い。例えば、EVに20kWhの電池を搭載するには、電池だけで200万円掛かる。この価格を電動車両の量産効果によって2015年には1kWh当たり3万円程度まで下げることができれば、EVの電池価格を60万円にできる。そうなれば、補助金なしで200万円を切る価格でEVを発売することが十分可能になる。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ