• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > クルマは電力インフラに

クルマは電力インフラに

[クリックすると拡大した画像が開きます]

 自動車社会は今後10年の間に、大きく変貌しなければならない。温室効果ガスに対する世界的な規制強化や原油高騰によって便利な移動手段というだけの役割では済まなくなる。果たして、どのように変貌すべきか。ヒントは、今後の普及を目指すEVやPHEV、FCVにある。こうした電動車両が広まれば自動車の負の部分が軽減され、さらに電力源の分散化によるエネルギー利用効率の向上を加速する可能性が高い。「電力インフラをより強固にする」ことが、今後10年で自動車が推進すべき課題である。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ