ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

アクティブ型有機ELパネルに独自戦略で参入――RiTdisplayのFPD戦略

台湾RiTdisplay社 President&CEO  D.C. Wang(王鼎章)氏

田中 直樹=Tech-On!
2012/07/03 22:10
印刷用ページ

台湾の有機ELパネル・メーカーの老舗として知られるRiTdisplay社が、これまでのパッシブ・マトリクス型の事業に加えて、アクティブ・マトリクス型の事業に参入する。同社は、CD-RやDVD-Rなどの光ディスクの大手メーカーである台湾Ritek社のグループ企業である。Ritek社が、光ディスク事業で培ったノウハウを生かして、有機ELパネル事業に参入するために設立した。基幹部品であるTFTアレイ基板を外部調達するという独自の戦略で、アクティブ・マトリクス型有機ELパネル事業に乗り出す。また、タッチ・パネルや太陽電池にもポートフォリオを広げつつある。同社の戦略を、President&CEO(総裁兼執行長)のD.C. Wang(王鼎章)氏に聞いた。

台湾RiTdisplay社 President&CEOのD.C. Wang(王鼎章)氏
[画像のクリックで拡大表示]

――アクティブ・マトリクス型有機ELパネルの量産化の計画は。

 これまでパッシブ・マトリクス型有機ELパネルの事業に特化してきましたが、2012年内にアクティブ・マトリクス型有機ELパネルの量産を開始する予定です。当社は「利益が出るものに投資する」という方針です。アクティブ・マトリクス型有機ELパネルの量産開始時期については、利益を出せる時期を見極めながら決めます。一方、開発については、中断することなく続けます。

 2012年に量産を開始するアクティブ・マトリクス型有機ELパネルは、スマートフォンやタブレット端末などの携帯機器に向けた中小型パネルです。量産化を視野に入れた3.5型HVGAと4.5型WVGAのサンプル・パネルを既に開発しています。20型のサンプル・パネルも開発していますが、これは、量産するにはコストがまだ高いと考えています。

――アクティブ・マトリクス型有機ELパネル事業の勝算は。

 われわれのアクティブ・マトリクス型有機ELパネル事業では、TFTアレイ基板を台湾内外の液晶パネル・メーカーから調達し、後工程の有機ELの成膜・封止工程を自社で行います。このような協業によってコスト削減を図ります。この体制が最も強いと考えています。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング