• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり日本工場の挑戦 > 第3回:コマツ 大阪工場:戦略を発言

日本工場の挑戦

第3回:コマツ 大阪工場:戦略を発言

  • 高田 憲一 , 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/05/01 00:00
  • 1/4ページ
プロフィール
所在地:大阪府枚方市
従業員数:約3000人
主な生産品目:建設機械

 国内外に44拠点の工場を有するコマツ。同社は,その中でも「製品・生産技術の開発機能を備えるものをマザー工場と定義している」(同社生産本部大阪工場長の佐々木一郎氏)。これに該当するのは,国内4拠点,国外6拠点の計10拠点。中・大型の建設機械を生産する大阪工場もその一つだ。建設機械の製品および生産技術の開発を担う同工場は,英国,米国,中国などにチャイルド工場を有している。

 同社は,チャイルド工場を抱えるマザー工場として四つのミッションを掲げている。簡単に言うと,① 製品開発,モデルチェンジなどに際してQCD(品質,コスト,供給)を作り込む② チャイルド工場にQCDを移管し,その安定化を支援する③ 調達の企画提案によりグローバルな最適調達を目指す④ グローバルで工場の活用を考え,販売機会を逃さない─ということ。グローバルな開発・生産と,それらをつかさどる司令塔としての役割を明示しているのだ(図1)。

図1●マザー工場の役割
商品の作り込み,QCD向上支援,量産立ち上げ支援,調達戦略に加え,近年はグローバルな視点での生産拠点の活用を考える役目も果たしている。従来の現地生産・現地販売にとらわれずに,各工場の稼働率を高め柔軟な製品供給体制を構築している。
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも,近年の需要の高まりを受けて加わった新たな役割が④ である。チャイルド工場の需給状況と工場の操業状態の情報をマザー工場がチェックし,それに基づいて各工場のリソースを有効活用して柔軟な製品供給を実現するのだ。

 例えば,南米市場の需要は旺盛だが,北米はそれほどでもないといった場合,北米の生産能力の余力を生かして南米向けに生産するといった機動的な運用を考えるわけである。以前は,消費地以外で生産することはあまり考えていなかったため,北米工場の稼働率は低いのに南米では生産が追い付かないといった状態もあった。

 そのためにグローバル・クロスソーシングとして,1年に2回,各工場の担当者が集まり会議を開催している。各工場の生産能力,為替の影響などを考慮して供給量の配分を調整している。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓