• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 原子力規制はいかにあるべきか―原子力規制庁への緊急提言―

原子力規制はいかにあるべきか―原子力規制庁への緊急提言―

 2012年4月に、新しい原子力規制組織として「原子力規制庁」(仮)が発足する。しかし、組織を新しくしただけで規制の実効性が高まるわけではない。原子力開発の経験を持ち同分野に造詣の深い桜井氏に、これまでの規制の問題とあるべき姿を解説してもらう(日経ものづくり)

桜井 淳(さくらい・きよし)
物理学者・技術評論家
1946年群馬県生まれ。1976年に東京理科大学理学研究科物理学専攻課程を修了し、同年から旧日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)で材料試験炉(JMTR)の炉心安全解析に従事。1984年から旧原子力工学試験センター・原子力安全解析所(原子力安全基盤機構システム安全解析部)で原子力発電所安全審査のためのクロスチェック安全解析に携わる。1988年に原子力工学試験センターを退職し技術評論家となる。原子力発電の安全に関わる技術評論を中心に著書多数。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ