家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回:総力戦に挑むソニー

根津 禎,中道 理=日経エレクトロニクス,Phil Keys=シリコンバレー支局
2011/09/20 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年5月16日号 、pp.28~32 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 ソニーがゲーム事業で大勝負に出る。これまで自社グループ開発のゲーム機以外へのゲーム・ソフト供給をかたくなに拒んできた同社が、ついに他社端末への供給に踏み切るのだ。

写真奥は、Sony Ericsson社やGoogle社などが出展したゲーム開発者会議「GDC 2011」の会場。写真手前は、 Apple社のiPad 2発表会の会場で、この発表会の開催日時は任天堂の岩田氏のGDCの基調講演とほぼ同じだった。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・グループのゲーム事業を統括するソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、スマートフォンやタブレット端末などに向けて、プレイステーション向けゲーム・ソフトと同等のゲームを配信するサービス「PlayStation Suite(PSS)」を2011年内に開始する。まずは、米Google社のソフトウエア・プラットフォーム「Android」を搭載したスマートフォンやタブレット端末に、初代プレイステーション(PS)用ゲーム・ソフトの配信を始める(図1注1)。「近い将来、PSSを通じて数百の初代PS用ゲーム・ソフトを一気に配信する」(ソニー関係者)計画もあるようだ。

注1) PSSでは、Android搭載機がアクセスできるオンライン・ストア「PlayStation Store」も新たに開始する予定。

図1 Androidを舞台にゲーム配信サービスの主導権争いが始まる
Android搭載機に向けて、モバイル・ゲームの配信事業における主導権争いが激化している。従来のゲーム事業 者はもちろん、SNS事業者やパソコン向けゲーム配信事業者などが参入してきた。
[画像のクリックで拡大表示]

 PSSと共に、携帯端末メーカー向けに、「PlayStation Certified」というライセンス・プログラムの提供も開始する。同プログラムは、他社のスマートフォンやタブレット端末上で、PS用ゲーム・ソフトがきちんと動作することを認証するものである。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング