• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス半導体メガメジャー,量と質で世界を席巻 > 第2回:投資ラッシュのTSMC

半導体メガメジャー,量と質で世界を席巻

第2回:投資ラッシュのTSMC

  • 大石 基之,大下 淳一,河合 基伸,佐伯 真也=日経エレクトロニクス,小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2011/09/02 00:00
  • 1/3ページ

投資ラッシュのTSMC

 ファウンドリー企業は,さらなる攻めに出る。ファブライト化を進める国内半導体メーカーなどを尻目に,2010年以降,従来の2~3倍の額の大規模な設備投資を敢行する方針を打ち出した(図4)。

図4 ファウンドリー企業が一斉に投資のアクセルを踏む
2010年以降,TSMC(a),GLOBALFOUNDRIES社(b),Samsung Electronics社(c)などが設備投資額を急増させる。
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年に48億米ドル以上と,過去最高額の設備投資を実施するのがTSMCである。この金額は,論理LSI向けとしては米Intel Corp.と並んで,半導体業界で最も高い水準になる。TSMCの売上高はIntel社の1/3程度にもかかわらず,Intel社とほぼ同額の設備投資を行う。

 TSMCは,2010年の設備投資額をさらに上乗せする可能性がある。2010年4月に,28nm世代以降の旗艦工場となる「Fab15」を台湾の台中に建設する方針を発表した。「20nm,14nm,10nm,7nmまでの世代を見据えた戦略拠点とする」(同社)という。

 怒涛の投資攻勢を続けるTSMCに引き離されまいと,競合他社も追随の一手を繰り出している。例えばGLOBALFOUNDRIES社は,2010年の設備投資額を2009年比で約3.4倍の27億米ドルへと急増させる。

 Samsung社も動いた。2010年5月17日に2010年の設備投資計画を発表し,約2兆ウォン(約1600億円)をファウンドリー事業を含むSoCの生産に投じる計画を明らかにした。「勝つつもりでファウンドリー事業を展開する」(同社)という。

2009年夏に突如風が吹く

 TSMCやGLOBALFOUNDRIES社などが雪崩を打ったように巨額投資に踏み出した背景には,中国市場が牽引する世界的な需要拡大がある。「2009年夏に突然,機器メーカーやODM企業が部品の発注量を急増させた」(国内の民間調査機関)という。

図5 2009年夏ごろからノート・パソコンの出荷台数が急増
ノート・パソコンを手掛ける大手ODM企業であるCompal Electronics社とQuanta Computer社の月別のノート・パソコンの出荷台数の推移を示した。
[画像のクリックで拡大表示]

 実際,世界のノート・パソコンの製造を寡占的に手掛ける台湾Compal Electronics,Inc.や台湾Quanta Computer,Inc.は,2009年夏以降,ノート・パソコンの出荷台数を大幅に増やしている(図5)。2010年3月の出荷台数は,Compal社が対前年同月比68%増の約420万台,Quanta社が同52%増の約410万台である。

 出荷台数がケタ違いに多い携帯電話機市場も,2010年には着実に拡大しそうだ。携帯電話機メーカーや部品メーカー,調査機関の予想を総合すると,2010年の世界市場は,対前年比10~22%増の12億4000万~13億8000万台に落ち着きそうだ。

 薄型テレビの世界出荷台数も「2010年度に対前年度比30%増の約2億2000万台に増える」(村田製作所)と,強含みにとらえる向きが多い。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓