• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > FPGAやメモリ,さらにSSD,3次元化に沸くLSI開発

FPGAやメモリ,さらにSSD,3次元化に沸くLSI開発

2010年6月に米国ホノルルで開催された半導体製造/回路技術の国際会議 「2010 Symposia on VLSI Technology and Circuits」(VLSI Symposia)では,LSIの3次元化に関する技術発表が大きな注目を集めた。1個のチップ上で機能素子や回路を積層したり, 複数個のチップを3次元方向に積み上げたりする技術である。LSIの高集積化と低コスト化,およびチップ間などシステム・レベルの性能向上と消費電力削減に大きな威力を発揮しそうだ。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ