家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
狩集 浩志=日経エレクトロニクス
2011/05/06 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年12月27日号 、pp.208~209 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
三洋電機コンシューマエレクトロニクス 家電事業部 製造統括部 技術三部 技術二課の渡邉隆氏

「もしもし渡邉です。先輩ですか? 今度,そちらの炊飯器の部署にどうやらお世話になりそうなので,よろしくお願いします」

「おぅ,そうかそうか。待っているぞ」

 2009年初め,渡邉は7年間担当していた,ファクシミリなどの情報家電の部署から異動することが決まり,その準備に追われていた。いわゆる,黒物から白物へと対象製品が変わったことで,期待と不安を交えながら新たな部署へと赴く。

「渡邉君,異動してきたばかりのところ悪いけど,加西にちょっとの間,赴任してもらうから」

「えっ,加西ですか。加西でも炊飯器をやっているんですか?」

「いやいや,ホームベーカリーを担当してもらうから…」

「ホームベーカリー? 」

「ほら,家でパンを作るやつだよ」

 炊飯器を担当すると思っていた渡邉は,先輩と仕事をする機会もなく,異動するや否や加西事業所への赴任を命じられる。しかも,白井と早勢にさえ,まだ会っていなかった。

39カ条の質問状

 渡邉は,そもそもパンがどうやって作られているのかよく知らない。そんな自分がホームベーカリーの担当になるとは…。とにかく,パンを作る工程がどういうものかをまず知らなければ始まらない。そこで,加西にある本屋へと繰り出した。家でパンを焼くための入門書を見つけた渡邉は,レジの女性店員の目を気にしながらも,その本を購入する。

 さらに,ホームベーカリーに関する知識をもっと増やすために動きだした。周囲に聞いてみると,どうやら「ホームベーカリーといえば,白井さんと早勢さん」ということらしい。渡邉は早速,ホームベーカリーの基礎的な知識を得ようと,39カ条に及ぶ質問状を白井と早勢に送付する。こね作業の意味やドライイーストの投入時期といったものから,強力粉と薄力粉の違い,ホームベーカリーに使う部材の材質やコーティングでの注意点など,多くの疑問をぶつけた。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング