• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点 > 【第4回】 LEDヘッドランプの将来像、白色LED 1個を目指す

市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

【第4回】 LEDヘッドランプの将来像、白色LED 1個を目指す

  • 大久保 聡=日経エレクトロニクス
  • 2011/04/25 00:00
  • 1/1ページ
市光工業は、次のLEDヘッドランプの目標として、ハイビームとロービームの光源を一体化したり、ヘッドランプ一つ当たりに使用するLEDを1個に絞り込んだ製品などを掲げる。消費電力の低減や部品点数削減による低コスト化、小型化、軽量化などを進めるためだ。現在、この目標に向けた開発に取り組んでいるという。今回のLEDヘッドランプでは、ハイビームにはハロゲン・ランプを使っており、ロービームには白色LEDを2個用いた。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ