• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点 > 【第4回】 LEDヘッドランプの将来像、白色LED 1個を目指す

市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

【第4回】 LEDヘッドランプの将来像、白色LED 1個を目指す

  • 大久保 聡=日経エレクトロニクス
  • 2011/04/25 00:00
  • 1/1ページ
市光工業は、次のLEDヘッドランプの目標として、ハイビームとロービームの光源を一体化したり、ヘッドランプ一つ当たりに使用するLEDを1個に絞り込んだ製品などを掲げる。消費電力の低減や部品点数削減による低コスト化、小型化、軽量化などを進めるためだ。現在、この目標に向けた開発に取り組んでいるという。今回のLEDヘッドランプでは、ハイビームにはハロゲン・ランプを使っており、ロービームには白色LEDを2個用いた。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ