• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器ソニーの「VAIO X」に日本的こだわりを見た > 第1回:片面実装で薄型化

  • 北郷 達郎
  • 2011/02/25 00:00
  • 1/3ページ

 ソニーのノート・パソコン「VAIO X」は,一目見て誰もが「薄い」とうなる出来栄えだ。最薄部だけでなく,平坦な形状の全体で厚さ13.9mmを実現した。カバンの中に入れると,厚型のノートと区別がつかないほどだ。USBポートを2基,外部ディスプレイ出力,Ethernetポートを備えており,同じ薄型機でもUSBポート1基に割り切った米Apple Inc.の「MacBook Air」とは対照的だ(表1)。

表1 真のモバイル・パソコンを目指す
VAIO Xと,より高性能のマイクロプロセサを搭載したVAIO T,およびApple社のMacBook Airの仕様を比較した。
[画像のクリックで拡大表示]

Atomだから生まれた製品企画

 VAIO Xの製品企画は「Intel社のAtomプロセサを見た時に思い付いた」(ソニー VAIO事業本部 第1事業部 1部 1課統括課長の林薫氏)という。小ささや電池駆動時間などの仕様のどれか1点にこだわった製品ではなく,普遍的に使えるバランスの良さを追求した。

 ビジネス・ユーザーの外出時の利用を想定して,外部インタフェースを本体に搭載することにこだわった。過去に薄型ノート・パソコン「VAIO type 505 Extreme」で,ディスプレイなどのインタフェースを専用ケーブルを介して外付けする方法を採用したが,「外付け部品を所持しているか確認するのは,意外とストレスになる。本体内に収容し,利用者の負担を和らげる」(林氏)ために内蔵型にしたという。

8月2日開催セミナー! 実践!IoTビジネス
~データ活用が、企業の成長を決める~


ビッグデータの活用が課題となっていますが、ここでは新しい発想でデータを調達、活用している先進企業の事例を紹介します。 ぜひご参加ください。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月2日
会場 : 三井住友銀行東館 ライジング・スクエア SMBCホール

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓