電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

『第3回:電源技術,光の質』慈尊院で見た新光源の実力

大久保 聡=日経エレクトロニクス
2011/02/25 00:00
印刷用ページ
写真1 拝堂壁面上部の柱の当たりの様子。トランスを設置している。日経エレクトロニクスが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 灯籠の外部を変更することはご法度だったと,第2回で紹介した。従来と変えてはいけないことは,灯籠の重さについてもいえる。灯籠の光源をLEDに変更しても,灯籠の重さを変えてはいけない。灯籠は天井部から吊り下げており,重さが変わってしまうと拝堂の柱などに加わる力が変わってしまう。慈尊院は世界遺産。補強工事などはそう簡単には許可が出ない。

 実際に,白色LEDを実装した光源部の重さは15g程度しかない。白熱電球を使っていたころの重さ(白熱電球とソケット類を加えた状態)と大差ないという。軽量に仕上げることができた理由には,白色LEDを交流で点灯させていることがある。交流電源で白色LEDを点灯させる場合,ほとんどはAC-DCコンバータの電源回路を使う。だが,慈尊院の灯籠および屋外のLED照明は100Vの商用電源をトランスで14Vの交流電圧に変換し,その電圧でLEDを点灯できるように6個の白色LEDを結線しているという。

 複数個の灯籠が連なる列を複数まとめて,そこにトランスで変換した14Vの交流電力を供給する。灯籠ごとにトランスを設けているわけではない。トランスは拝堂壁面の天井部分にある柱の上に設置している。拝堂内にはトランスを数個使っているようだ。

大事な場所だからこそ,交流を使いたい

 灯籠内のLEDを交流で光らせるのは,古い木造の建築物だからこその配慮もあるという。「直流でLEDを点灯させたとき,アーク放電が生じた場合を考えると,火災につながる危険性がある。交流であれば,アーク放電は止まる。」(スリーフォース 代表取締役の上嶋数章氏)からだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング