設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

精密さで「みがき」を逆転した 高速切削による微細加工

松岡甫篁=松岡技術研究所 代表取締役
2010/10/12 00:00
出典:日経ものづくり、2010年8月 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

切削技術の進歩により、微細加工に大きな変化が起きている。nm級の微細な形状や面粗さを扱う加工の中でも、0.1μm(100nm)よりも小さな「超微細・精密」な切削加工が既に可能になっており、鏡面加工が現実のものになっている。切削加工の後でみがいて精度を出すのではない。むしろ、研削よりも切削の方が平滑な面が得られる。これまでの常識が逆転しつつあるのだ。

まつおか・としたか
日立製作所、セコ・ツールズ、GEなどの勤務を経て1987年、松岡技術研究所を設立。技術士(機械部門)、工学博士(東京大学)。高速切削、 NC切削加工、切削工具、金型生産などの技術開発や生産技術に関する教育などを中心に企業の技術顧問として活動するほか、異業種交流のコーディネータとしても活躍。著書に『はじめての切削加工』(工業調査会)『、プラスチック金型ハンドブック(』共著、日刊工業新聞社)『、高速ミーリングの基礎と実践(』日刊工業新聞社)『、型技術便覧(』共著)など多数。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング