• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 精密さで「みがき」を逆転した 高速切削による微細加工

精密さで「みがき」を逆転した 高速切削による微細加工

切削技術の進歩により、微細加工に大きな変化が起きている。nm級の微細な形状や面粗さを扱う加工の中でも、0.1μm(100nm)よりも小さな「超微細・精密」な切削加工が既に可能になっており、鏡面加工が現実のものになっている。切削加工の後でみがいて精度を出すのではない。むしろ、研削よりも切削の方が平滑な面が得られる。これまでの常識が逆転しつつあるのだ。

まつおか・としたか
日立製作所、セコ・ツールズ、GEなどの勤務を経て1987年、松岡技術研究所を設立。技術士(機械部門)、工学博士(東京大学)。高速切削、 NC切削加工、切削工具、金型生産などの技術開発や生産技術に関する教育などを中心に企業の技術顧問として活動するほか、異業種交流のコーディネータとしても活躍。著書に『はじめての切削加工』(工業調査会)『、プラスチック金型ハンドブック(』共著、日刊工業新聞社)『、高速ミーリングの基礎と実践(』日刊工業新聞社)『、型技術便覧(』共著)など多数。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓