機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

JIMTOF 2008を振り返る

JIMTOF取材班
2010/10/05 00:00
出典:日経ものづくり、2008年12月号 、pp.34-37 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

米国発の金融危機の影響を受け,自動車各社が減産に走ったり中小企業の資金繰りが悪化したりと,設備投資意欲が国内外を問わず急激に冷え込んできた。日本工作機械工業会によれば,2008年10月の工作機械受注額(速報値)は810億円。これは,前年同月比で実に40.4%減,2002年1月以来となる6年 9カ月ぶりの大きな落ち込みだ。工作機械分野に猛烈な逆風が吹き荒れる中,今回の「第24回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2008)」(2008年10月30日~11月4日)は開催された*1

*1 出展者数は,JIMTOF 2006を44社も上回る829社。特に,海外メーカーの出展が増えた。具体的には,海外メーカーなどの出展規模はJIMTOF 2006では161小間だったが,今回は272小間と,7割増だった。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング