• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > JIMTOF 2008を振り返る

JIMTOF 2008を振り返る

米国発の金融危機の影響を受け,自動車各社が減産に走ったり中小企業の資金繰りが悪化したりと,設備投資意欲が国内外を問わず急激に冷え込んできた。日本工作機械工業会によれば,2008年10月の工作機械受注額(速報値)は810億円。これは,前年同月比で実に40.4%減,2002年1月以来となる6年 9カ月ぶりの大きな落ち込みだ。工作機械分野に猛烈な逆風が吹き荒れる中,今回の「第24回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2008)」(2008年10月30日~11月4日)は開催された*1

*1 出展者数は,JIMTOF 2006を44社も上回る829社。特に,海外メーカーの出展が増えた。具体的には,海外メーカーなどの出展規模はJIMTOF 2006では161小間だったが,今回は272小間と,7割増だった。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ