電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

Green Device 2010 ステアリング・コミッティーに聞く グリーン社会の未来

大久保 聡=日経エレクトロニクス
2010/08/24 00:00
印刷用ページ

地球温暖化抑制のためにエレクトロクスがどのように貢献できるのか,そのデバイスをどのように実現していくのか――。

 CO2を削減し低炭素(グリーン)社会を実現することは,人類や企業に課せられた大きな使命である。この実現を目指し,新たな社会を支える技術として「グリーンデバイス」に大きな注目が集まっている。

 日経BP社が主催する展示会・フォーラム「Green Device 2010」(2010年11月10日(水)~12日(金),幕張メッセ)は,このようなグリーンデバイスについて,セット,デバイス,装置,部品・材料の観点の情報を共有し,世界にメッセージを発信していく場を作ることを目指している。

 グリーンデバイスの分野はこれからが本番というフェーズであり,進むべき方向も数多くある。その方向を見定めるため,Green Device 2010では企業や団体などからキーパーソンの方々を委員に迎えたステアリング・コミッティーを発足させた。

 グリーンデバイスの現在の状況,そして未来像とは何か・・・。
識者へのインタビューから,その姿が浮かび上がる。

スマートグリッド関連の半導体市場
2030年には7兆円規模へ
南川 明 氏
アイサプライ・ジャパン 副社長 主席アナリスト/ジャパンリサーチ
拡大するLED照明市場,制度面を整備し,
安心・安全な製品に
小紫 正樹 氏
LED照明推進協議会 専務理事
義務感だけのエコは続かない
快適性を兼ね備えた取り組みが肝要
藤岡 透 氏
パナソニック電工 先行技術開発研究所 所長
高まるエコ意識を契機に
“一歩踏み出す”行動に期待
Danny Risberg 氏
フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長
LEDにパワー半導体,2次電池
期待集まるデバイスを事業強化
室町 正志 氏
東芝 取締役 代表執行役副社長
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング