COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第4回:軽量で加工性の高い絶縁シートで電源基板を保護

小谷 卓也,佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2009/06/18 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2008年1月28日号 、p.111 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

日立製作所の超薄型液晶テレビ「Wooo UTシリーズ」を分解し,その詳細を解説した2008年1月の日経エレクトロニクスの記事を再掲載するシリーズの第4回目。今回は,電源基板を覆っていた紙状の絶縁シートについて解説する。分解を行った技術者たちが「見たことがない」と言うそのシートとは…。(Tech-On!)


 Wooo UTシリーズの電源基板は,紙状のシートで覆われている(図A-1(a))。技術者たちが「見たことがない」と口をそろえるこのシートは,米DuPont社が手掛ける「NOMEX」というアラミド樹脂を利用した紙であるとみられる(図A-1(b))。

図A-1 絶縁性の紙で電源基板を覆う
図A-1 絶縁性の紙で電源基板を覆う
電源基板は,紙状の物体で覆われている(a)。DuPont社が手掛けるアラミド樹脂を利用した紙とみられる(b)。アラミド・ポリマと呼ばれるこの物体は,軽量かつ絶縁性,難燃性を備える。電源基板の絶縁対策として採用した可能性が高い。(a)電源基板を覆う紙状の物体(b)DuPont社のアラミド樹脂

 NOMEXはアラミド樹脂の一つであるpoly-m-phenylen isophtalamideを紙状にしたもの。製造工程では,まずアラミド樹脂の重合体から短繊維と合成パルプを取り出す。これらを水中で紙状に形成した後,高温・高圧下で一定の厚さに圧延する。

 このシートは軽量であると同時に,高い耐熱性や難燃性を備える。UL規格では+220℃での連続使用を認められており,難燃性の基準としては樹脂系では最高基準であるUL94V-0を認定されている。絶縁性も備えており,Wooo UTシリーズに使われているとみられる厚さ約0.4mm品の表面抵抗率は7×1016Ω/□と高い。従来は,産業機器などの絶縁シートとして採用されることが多い。日立製作所はこのシートを民生機器に転用したのかもしれない。

†UL規格=米国の非営利団体Underwriters Laboratories Inc.が実施する評価テストに基づく規格。電子部品などの安全性や耐久性の評価基準として用いられている。

 Wooo UTシリーズの筐体裏側は樹脂性であるため,電源基板に絶縁シートは不要のはずである。薄型化により電源基板と筐体の間に空間がほとんどないために,後から追加した可能性もある。なお,このシートの材質や用途について,日立製作所は「回答できない」としている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング