アジア アジア進出/ビジネス展開を支援
 

中国の内需拡大政策「家電下郷」の効果を見極める

北原 洋明=テクニカル・ライター,王 海紅=日経マイクロデバイス 協力スタッフ
2009/05/11 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年5月号 、pp.33-40 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
 

経済危機が世界中で猛威を振るっているなか,中国政府は2010年までに4兆人民元(約57兆円)を投入する内需拡大政策を打ち出している。電子機器の分野では,「家電下郷」と呼ぶ農村部での家電製品の購入金額の13%を補助する政策が2009年2月から全国で実施された。そして,ほかの国や地域では見られない市場の活況を生み出している。そして,直接の恩恵を受ける現地家電メーカーだけではなく,サプライチェーン上にある電子デバイスや製造装置などを供給する海外企業にも波及効果が見えてきた。FPDテレビと,これに使われるパネルの市場を中心に,関係各社の動向と家電下郷の電子業界に与えるインパクトを探る。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾