日経テクノロジーオンライン

【麻倉怜士IFA報告】「4Kの可能性をテレビだけで終わらせるな」、パナソニックのテレビ事業部長インタビュー

2013/09/16 14:05
麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
 「4Kの可能性をテレビだけで終わらせるな」――。相当、挑発的な文句だ。パナソニックが65型4K×2Kテレビ「L65WT600」から使い始めるカタログの宣伝コピーだ。パナソニックは、4K×2Kでは後発である。しかし、4:4:4伝送が可能なHDMI2.0搭載、THX・4K認証、DisplayPort1.2a搭載など、先発メーカーにもない機能を入れ、気を吐く。同社テレビ事業部長の楠見雄規氏に、パナソニックのテレビ事業の今後を聞いた。楠見氏とは、Blu-ray DiscとHD-DVDの規格争いの時にお会いして以来である。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。