• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIDF13 San Francisco > 新型メモリや3次元LSI技術など、エクサスケールに必要な技術をIntel社が示す

IDF13 San Francisco

新型メモリや3次元LSI技術など、エクサスケールに必要な技術をIntel社が示す

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/09/12 14:59
  • 1/1ページ
 米Intel社のAlan Gara氏(Intel Fellow, Chief Architect - Exascale Systems)は、2020年ごろの実現を目指すエクサスケール・コンピューティングに必要な技術について「Intel Developer Forum 2013」(2013年9月10~12日、米国・サンフランシスコ)で講演した(講演番号:SPCS007)。講演タイトルは「Technology Insight:The Path to Exascale Computing」。講演者のGara氏は米IBM社でスーパーコンピュータ「Blue Gene」のチーフ・アーキテクトを長年務めた経歴を持つ。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ