• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIDF13 San Francisco > マイクロサーバー向けの22nm版Atom、Intelが正式発表

IDF13 San Francisco

マイクロサーバー向けの22nm版Atom、Intelが正式発表

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/05 02:01
  • 1/1ページ
 米Intel社が「Atom C2000」製品群(開発コード名:Avoton)を正式発表した。Atom C2000は、主に低消費電力で小型の“マイクロサーバー”に向けるプロセサで、Intel社の22nm世代の技術で製造する。前世代の「Atom S1200」製品群に比べて微細化や回路の改良を進めたのに加えて、別チップで提供していた各種の外部インタフェース回路を新たに集積した。これにより、高さ42Uのラック当たりでは、ノード数が最大3倍、合計演算性能が最大16倍に向上するとしている。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓