• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIDF13 San Francisco > マイクロサーバー向けの22nm版Atom、Intelが正式発表

IDF13 San Francisco

マイクロサーバー向けの22nm版Atom、Intelが正式発表

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/05 02:01
  • 1/1ページ
 米Intel社が「Atom C2000」製品群(開発コード名:Avoton)を正式発表した。Atom C2000は、主に低消費電力で小型の“マイクロサーバー”に向けるプロセサで、Intel社の22nm世代の技術で製造する。前世代の「Atom S1200」製品群に比べて微細化や回路の改良を進めたのに加えて、別チップで提供していた各種の外部インタフェース回路を新たに集積した。これにより、高さ42Uのラック当たりでは、ノード数が最大3倍、合計演算性能が最大16倍に向上するとしている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓